NEWS/RELEASE


GOURMET

スタバ、日本初「ロースタリー」が2018年中目黒に誕生

 スターバックス ジャパンが20日、日本初となる「スターバックス リザーブ ロースタリー」を2018年12月に東京・中目黒に出店することを発表した。福岡県の「スターバックス 太宰府天満宮宇表参道店」を手掛けた建築家・隈研吾氏が店舗を設計し、コーヒーの焙煎などを直に目で見ることができる、次世代のコンセプトショップが誕生する。

 「スターバックス リザーブ ロースタリー」は、米・シアトルで2014年にオープン。2017年に中国・上海、2018年にニューヨークと出店計画が進むなか、東京に世界で4番目となるロースタリーがオープンすることが決定した。スターバックス会長兼最高経営責任者(CEO)のハワード・シュルツ氏は「これまでにない形でコーヒーの素晴らしさを賞賛することができる、ユニークで斬新なコーヒーの世界に心ゆくまで浸かることのできるような店舗」と自信をのぞかせる。

 敷地面積1200平方メートルの広大な広さとなるロースタリーでは、世界中から調達したさまざまなコーヒーの焙煎と抽出のほか、生豆が運ばれてくるところなどを実際に見ることができるという。自然豊かな中目黒に合わせ、木を主役にした自然素材をふんだんに使ったデザインになる予定で、新たなスタバの魅力が楽しめそうだ。

関連リンク

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP