NEWS/RELEASE


GOURMET

幻の大豆“湘南きな粉”の和スイーツ

 鎌倉・湘南の素材を使った甘味処「こまち茶屋」がきょう8日にオープン。神奈川県津久井地域で栽培された在来大豆から作った“湘南きな粉”は、糖度が高く、きな粉にすると砂糖がいらないほど甘く香りがよい。その特長を生かし、さまざまな和スイーツを展開する。

 栽培者の減少から「幻の大豆」と呼ばれる大豆から作った“湘南きな粉”。一番その味を楽しめるのは『特製 本わらび餅』で、オーダーが入ってから作るできたてのわらび餅に、きな粉の甘みがマッチし、別添えの黒蜜との相性も抜群。つるんときめ細やかな食感が夏にぴったり。

 そのほかにも、フレッシュなフルーツソースと練乳入り信州名水氷で作った『自家製ソースのかき氷』も。メロン、マンゴー、スカイベリーなどのフルーツ味のほか、風味豊かなきな粉と沖縄産黒蜜を合わせた『黒蜜きな粉練乳かき氷』もおすすめ。秋から登場する湘南きな粉を生地に練り込んだ『こまちどら焼き』は、お店のロゴマークが刻印された生地がキュート。

【店舗詳細】
「鎌倉屋 こまち茶屋」
住所:神奈川県鎌倉市小町1-6-15 i-ZA鎌倉2F
営業時間:平日/10:00〜17:30、土日祝/10:00〜18:00
定休日:年中無休

【商品詳細】※すべて税抜
『特製 本わらび餅(抹茶入り煎茶付)』(1200円)
『自家製ソースのかき氷』(900円〜)
『黒蜜きな粉ソフトクリーム』(530円)
『きな粉豆乳ラテ(Hot or Ice)』(630円)
『こまちどら焼き』(680円)※秋からの販売

関連リンク

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP