NEWS/RELEASE


コールドブリューの次はコレ アメリカ発の新感覚「ドラフトコーヒー」


 ブリュレフレンチトースト専門店「ForuCafe」から、まるでビールのような見た目に、ふわっとしてクリーミーな味わいのアメリカ発祥の新感覚コーヒー、ドラフトコーヒーがきょう16日から登場。ビールサーバーで注ぐ窒素入りの『FORU COFFEE』は、これまでにない新たなコーヒーとして注目を集めそうだ。

 水出しのコーヒー、コールドブリューの次なるトレンドとしてアメリカで人気となっているのが、専用のサーバーで準窒素を含ませながら注ぐことで、表面にできるきめ細やかな泡を一緒に味わえるドラフトコーヒー。通常のコーヒーよりもほんのりとした甘さが感じられ、クリーミーな口当たりになっている。

 8時間かけて水出ししたオリジナルブレンドのコーヒーを使った『FORU COFFEE』は、雑みのないクリアな舌触りと、後味にしっかりと残るミルクチョコレートのような甘さが特長。ミルクを加えたクリーミーな『FORU LATTE』も展開する。真夏にごくごく飲みたくなる、ふわっとマイルドな口当たりの新感覚コーヒーをぜひ味わって。

【詳細】
『FORU COFFEE』
価格:テイクアウト/Sサイズ300円、Mサイズ500円 イートイン/Sサイズ300円(フレンチトーストとのセット価格)、Mサイズ500円

『FORU LATTE』
価格:テイクアウト/Sサイズ350円、Mサイズ550円 イートイン/Sサイズ350円(フレンチトーストとのセット価格)、Mサイズ550円

販売開始:2016年7月16日〜

関連リンク

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP