NEWS/RELEASE


「クロナッツ」発祥人気店が日本上陸 話題「スモア」も展開


 日本でもブームとなったクロワッサンドーナツを発案したことでも有名な「ドミニク アンセル ベーカリー」が“スイーツの激戦区”表参道に20日、日本初となる店舗をオープン。これに先駆け17日、新店舗やメニューが報道陣にお披露目された。

 米・ニューヨークの人気ペイストリーショップ「ドミニク アンセル ベーカリー」は“ニュージェネレーションベーカリー”をコンセプトに、ニューヨークの最先端のエッセンスを取り入れた独創的なメニューを展開。温めたクッキー生地のショットグラスに冷たいバニラミルクを注ぐ『クッキーショット』や、アイスクリームを包んだマシュマロの表面をパリっと焦がした『フローズン スモア』など、クロナッツに次ぐトレンドになりそうなスイーツを取り揃える。

 シェフのドミニク・アンセルは「若い頃から日本や東京の文化に興味があったので、(今回)東京に出店できてとても嬉しいです。ここでしか味わえない特別なペイストリーを提供しますので楽しみにしてください」とコメント。同店ではドミニクが日本から刺激を受けて作った、日本だけの限定メニューも展開する。

 毎月1種類のみ販売するクロナッツは、6月限定フレーバーとしてゆずレモンのジャムに北海道産ハニーガナッシュを組み合わせ、和を感じさせるスイーツに。リング状のシュー生地にクリームを挟む「パリ・ブレスト」を抹茶ガナッシュで作った『パリス トウキョウ』や、和菓子風スイーツ『モンブラン ワガシ』などの限定メニューも用意する。

 そのほかにも、フランスのブルターニュ地方の伝統菓子「クイニーアマン」をアレンジした、ニューヨークで一番人気の『DKA(ディーケーエー)』などのスイーツやデニッシュを多数用意。スイーツ好きの間では昨年から日本上陸が話題になっていたとあって、この週末は大いに賑わいそうだ。

関連リンク

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP