NEWS/RELEASE


たかみな、非おしゃれ脱却へ「変わったんです!」


 アイドルグループ・AKB48の高橋みなみが6日、東京・国立代々木競技場で開催された、国内最大級夏フェス『a-nation island』内のファッションショー『NYLON JAPAN×WEGO meets AKB48 group produced by GirlsAward in a-nation island』に登場した。

 この日、人生初のランウェイで“好きな人と海に行く時の勝負服”を披露した高橋。アパレルブランド「WEGO」が選ぶ「ベスト・ウィゴーズ賞」を受賞すると「AKBではおブスファッションとイジられていましたけど、ハタチを皮切りに変わったんです!」といい「なかなか世間の人に知ってもらえる機会がないので、たかみなイコールおしゃれになればいい。ちょっとしたおしゃれ有名人になれるように頑張ります」と喜んだ。

 イベントには宮澤佐江、北原里英、入山杏奈、加藤玲奈、木崎ゆりあ、川本紗矢、阿部マリア、田野優花も出席し、それぞれの勝負服をお披露目。高橋は「自分のトレードマークのリボンを忘れずに取り入れた」と、髪に小さなリボンを複数つけており、メンバーから「洗濯バサミみたい」「パーマ途中のおばさんみたい」とイジられていた。

 しかし、高橋のコーディネートが選ばれると、メンバーも「なんで〜」とびっくり。この日のイベントには出席しなかったが、会場には小嶋陽菜と峯岸みなみが訪れており、高橋は「小嶋陽菜から『やらせや!』って。やらせではありません!」と弁明し、報道陣を笑わせた。

 高橋は、AKBグループの上半期を振り返り「あっという間に終わった」といい、卒業を前に「残り少なくなってきた。1日1日を大切にしていきたい」と語った。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」

関連リンク

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP