NEWS/RELEASE


BEAUTY

南明奈、仰天ネイルに「3時間半かかった」 クイーンの座に大はしゃぎ

  • 『ネイルクイーン 2013』授賞式に出席した南明奈 (C)ORICON NewS inc. 『ネイルクイーン 2013』授賞式に出席した南明奈 (C)ORICON NewS inc.
 タレントの南明奈(24)が11日、東京ビッグサイトで開催されたネイルが最も似合う著名人を選ぶ祭典『ネイルクイーン2013』授賞式に出席した。担当ネイリストとは6年の付き合いになるという南は「ずっと『いつかとれたらいいね』って言ってたので6年越しに願いがかないました」と大はしゃぎ。この日披露したネイルは「3時間半かかりました」という受賞者の中でも一際目を引く“仰天ネイル”で、会場に集った人々を圧倒した。

 今年より創設されたアイドル部門で初受賞を果たした南は「第1回は記憶に残るのでうれしい」と大喜び。この日のために、「1番目立つネイル」を目指し、長く伸ばされた爪にクマや星のぬいぐるみ、リボンやレースなど、ド派手に飾られたネイルを紹介した。

 「テーマはファンタジーベアランドです」と紹介した南の会場の入り時間は、午前7時半。3時間半かかった完成作品に胸を張り、「もう大人になってきたので、黒とかクールなネイルもやってみたい」と意欲をみせていた。

 同アワードは 南のほか、中村アン(モデル部門)、ローラ(タレント部門)、板野友美(アーティスト部門)、FTISLANDのイ・ホンギ(メンズ部門)、萬田久子(協会特別賞)も受賞した。スポーツ部門に選ばれたフィギュアスケーター・安藤美姫選手は海外大会に出場のため、授賞式を欠席した。

関連リンク

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP