HAIR

もっとあなたに夢中になる。デート後に送ると好感度がUPするLINE10選


デートが終わってバイバイした後、すぐに彼にLINEを送るのはもはや当たり前のマナーとも言えます。しかし、ただ送ればいいというわけではなく、その内容はしっかり評価されているかも。彼があなたのことをもっと好きになる、そんな好感度をあげるLINEでのメッセージ例をご紹介します。

お礼を伝える

デートをしてくれてありがとう

帰ったらまずは、お礼の言葉を一番に伝えましょう。
「忙しい中で時間を作ってくれてありがとう」と伝えれば、彼の状況をわかってあげられる、思いやりを持った彼女をアピールできます。


運転してくれてありがとう

漠然と「今日はありがとう」と伝えるより、何に対してのお礼なのかを伝えると、彼の心に響きやすいのでおすすめです。
当たり前に思いがちな運転や、送ってくれたことなどにもお礼の気持ちを忘れずに。


褒めてあげる

ステキなレストランだったね

彼は今日のために、プランを一生懸命練ってきたかもしれません。
「あんな美味しいお店を知っているなんてさすがだね」など、彼のデートプランを褒めることで、彼も安心し「頑張って考えて良かった」と思うでしょう。


話し上手だね

彼自身を褒めるセリフです。
「○○についてすごく詳しいんだね」「話を聞いているだけでも楽しいよ」など、具体的にデートの最中に気付いたことを褒めましょう。

褒められて嫌な気分になる人はいませんよね。


彼のことを気遣う

寒かったけど、大丈夫だった?

彼の身体を心配する一文です。

「上着貸してくれたから」「睡眠不足って言っていたから」と、彼のささやかな行動を覚えているよ、ということを混ぜると「自分のことをよく考えてくれている」という印象に。


運転してくれたから疲れてない?

彼の身体を労わる一言。
「私は○○くんの運転だから安心してくつろいじゃったけど」と付け加えると、さらに彼を喜ばせることができますよ。


言えなかったけど

本当は苦手なんだ

「本当は絶叫系苦手なんだけど、○○くんと一緒だから楽しかった」など。

言えなかったことに健気さを感じさせるとともに、LINEで言ってくれたことで秘密を知れたという気分にさせ、彼に特別感を抱かせる小悪魔なセリフです。


もっと好きになった

「恥ずかしくて言えなかったけど、デートしてもっと○○くんが好きになったよ」と言えば、今日のデートの成功に彼は喜び、恥ずかし気な告白にドキドキすることでしょう。


次のデートを匂わせる

遠回しに誘う

「見たいって言っていた映画、○日までだって」と、遠回しに次回のデートに誘うセリフ。
恥ずかしくて直接誘えないいじらしさに、彼はキュンとしてしまうでしょう。


直球勝負で誘う

「もう会いたくなっちゃったから、次はいつ会える?」などストレートに次回のデートの約束をとりつけるのもOK。
素直な愛情表現に、彼もまんざらでもない気持ちになるでしょう。


LINEでもっと夢中にさせて

会っていない時間は、彼の中であなたに対する「人物像」が勝手にできあがっていく時間とも言えます。

そんな時あなたのことを評価する材料になるのはLINEです。
デート後のLINEを上手く利用して、他の女性と差をつけるテクニックを身につけたいですね。



関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP