HAIR

美肌をつくる 化粧水の付け方でもちもち肌に


美肌になりたい!多くの女性の願いですよね。美肌のためにはスキンケアは欠かせません。スキンケアの一番初めは化粧水という方多いと思います。肌の土台をつくる化粧水。適当につけてる、なんて方はいませんか?いつもの化粧水のつけかたをちょっと気を付けるだけでも肌は見違えてきます。化粧水でもちもち肌をつくりましょう

化粧水どう選ぶ?

化粧水の役割

洗顔後の肌は水分がどんどん失われていきます。

それを補うのが化粧水です。

肌に浸透しやすい成分からできている化粧水は肌に水分を補い、
柔らかく整えます。

後から使う基礎化粧品を浸透しやすくするという効果も!

 


乾燥肌

乾燥肌の人には保湿力の高い化粧水がオススメです。

乾燥肌に効果が高い成分には、肌の水分を保つ働きのヒアルロン酸や、
水分が出ていくのを防ぐセラミドが入った化粧水をチョイスしましょう!

 


オイリー肌

オイリー肌だと言っても保湿は大切。

べたつくから、とおろそかにしがちですが、

水分が足りない分、余計に皮脂を出そうとしてしまいます。

お風呂をあがったらすぐに化粧水をたっぷりとつけましょう。

何度か化粧水を繰り返すのも効果的です。

できるだけ大容量のものを選んで惜しみなく使いましょう!

 


混合肌

カサつくのにベタつくのは、水分が足りていないのも原因のひとつ。

そんな混合肌の人は、さっぱりよりもしっとりタイプを。

乾燥肌向けの化粧水がおすすめです。

ニキビも気になる時は、先にニキビ用の化粧水を使い、
後から高保湿化粧水の使用をオススメします。

 


タイミングとつけ方

いつつけるといいの?

化粧水をつけるタイミングは、洗顔後すぐ!

洗顔した肌からは水分がどんどん失われています。

なので、化粧水をつけるタイミングは早ければ早いほど良いのです!

お風呂上りにすぐ化粧水をつけられるよう、脱衣所に用意しておきましょう。

 


コットンでつける場合

コットンが十分濡れるくらいに化粧水を出しましょう。

化粧水が少なすぎると、コットンの繊維が肌をこすってしまい、
刺激してしまいます。

人差し指と薬指ではさみ、内側から外に向かって
優しくパッティングしながら顔全体になじませます。

 


手でつける場合

適量を手に取り、顔全体にまんべんなくなじませます。

細かい部分にも化粧水がなじむよう丁寧につけてください。

肌に吸い付くような手触りになれば完了です

必ず清潔な手でつけるようにしましょうね!

 


自分に合ったものを

シミ・そばかすが気になる

 シミ・そばかすの原因はメラニン。

メラニンの生成を抑える効果のある化粧水を選びましょう。

美白効果謳っている化粧水ととらえてもOK!

ビタミンC誘導体やアルブチンが入っている化粧水が効果的です。

 


しわ・たるみが気になる

しわやたるみは、コラーゲンの減少が原因です。

肌のコラーゲンを増やす働きのある化粧水を選びましょう!

肌のコラーゲンを守るための、
セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているかも重要です。

 


香り

化粧水の香りでリラックス効果も期待できます。

お気に入りの香りの化粧水を使って、
心を落ち着け1日の疲れを取るのも美容のための大事なプロセスです

肌のためには天然香料の化粧水をチョイスしましょう!

 


いかがでしたか?

美肌をつくる化粧水のつけ方をご紹介しました。

選び方やつけ方に気を使うだけで、
あなたのお肌ももちもち肌に生まれ変わります。

美肌は1日にしてならず!

美肌をつくるためには日々の小さな積み重ねが大事です。

明日の自分のために、今日できることから無理せず始めていきましょう♪

 



関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP