HAIR

秋冬も引き続きキテる ホワイトアッシュの魅力って?


「ホワイトアッシュ」と聞くとなんだか奇抜な色になるのでは?なんて気になる人もいますよね。実はホワイトアッシュは明るくも暗くもできるので、オフィススタイルにも個性派ファッションにも行けちゃいます!あなたはどんな色合いにしたい?ジャンル別にみてみよう。

ホワイトアッシュとは

ホワイトアッシュどんな色
三好 佳奈美

ホワイト(=白)アッシュ(=灰色)。

外国人のような色素の薄い透明感のあるカラー。

日本人の特有の赤味のある髪色を消して、

光を集めたシア―感たっぷりな髪色に仕上がります。

 

▼ホワイトアッシュについて詳しくはこちら

 


どんなイメージになるか

 

百瀬 俊幸

外人にも顔負けのきらきらのカラーができるんですよ。

ブリーチをすることで透明感が増しほんとにつやつや。

後姿だけでは日本人とはわからないかも?

 


ブリーチが絶対必要・・・?
Akane Ueda

ホワイトアッシュはダークトーンからハイトーンまで幅広くカラーを楽しめます。

ハイトーンにするには、まずはブリーチで色を抜いてから!

ダークトーンは光に当たったところがほんのりホワイトに光ります。

 

▼ブリーチなしでも楽しめる外国人カラーってあるの?

 


ホワイトアッシュスタイル10選

ショートでかっこよく
Keisuke Suzuki

すっきりとしたショートヘアをカラーで遊ぶ!

ホワイトアッシュだとトップをブリーチして

ハイトーンなホワイトアッシュで作ると垢ぬけ感バッチリ。

 


ミディアムで可愛らしく
久保 賢二

ミディアムヘアはふんわりパーマをかけて、トレンドのシースルー前髪。

あっという間にエンジェル顔に大変身 外国人の子どものようなカラーが

肌にも透明感を与えます。

 


色気漂う後姿に
NAO

ゆるパーマと濡れ感をミックスしたスタイリングはセクシーさ炸裂ですね。

うるうるな髪についうっとりしていまいそう。

根元に向かってグラデを入れることでキレイな光の反射が楽しめます☆

 


前髪ありでレディに
長谷川 龍太

目のラインぎりぎりの前髪と全体的にダークトーンで仕上げたスタイルに、

根元だけブリーチしてハイトーンに。

メリハリのあるカラーリングなので、口元は赤のリップで決めよう。

 


ナチュラルはパーマなしで
イマムラ スナオ

毛先をパツンと切った「ブラントボブ」は切りっぱなしで新鮮。

スタイリングはそのままでクセを活かしましょう。

ハイトーンのダブルカラーが無造作ヘアに立体感を与えます。

 


光を集めるニュアンスパーマ
Keisuke Suzuki

軽いエアリーカールは光を集めやすいので、

ゆれるたびホワイトのキレイな光を放ちます☆ダークトーンでも存在感のある仕上がりに

 


インナーカラーもミックス
篠崎 佑介

インナーカラーとして、ホワイトアッシュを持ってくるのもオススメ。

アレンジする時にこのインナーカラーが力を発揮!

オンオフの切り替えもしやすいですね。

 

▼インナーカラーはこう入れるのがおしゃれ

 


毛先にちょこっと入れるだけ
YUMIKO TAKADA

根元から毛先にかけてじんわりとグラデーションをすると

とっても洗練されたクール女子に。

インナーカラーやハイトーンでまとめたヘアスタイルより初心者向けなので

初めて挑戦する方は、毛先に少し色を足してみてくださいね。

 


きれいな色の出し方は?保ち方は?

サロンでキレイなカラーを
米川光平

なかなかセルフでカラーを出すのは難しいです。

初めて挑戦するならまずはサロンで相談しましょう。

サロンでなら、自分が思い描いたカラーを再現できるはずです。

自宅でやるよりコスパはよくないですが、綺麗な透明感のあるカラーに仕上がります。

 


ホームケアは重要

hair deco Grantさん(@grant2.14)が投稿した写真 – 2016 6月 28 6:51午後 PDT

サロンでも自宅でもカラーリング後はしっかり。

保湿と栄養をチャージしてあげましょう。

せっかくのカラーを長く楽しみたいなら毎日欠かさずケアしてあげてくださいね

 

▼詳しいヘアケアについてはこちらから

 


外国人風になるならアッシュは必須

いかがでしたか?外国人風なホワイトアッシュカラーで周りをハッとさせましょう。

ホワイトカラーは白い光を放つのでダメージが目立ちにくく、美白にも見えるんですよ。

次のカラーはホワイトアッシュで決まり♪どんなスタイルにするか参考にしてみてください。

 

 



関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP