HAIR

「タイト」と「ウェット」で勝負を仕掛ける。質感とシルエットで気取るモードとは


タイトでウェットなスタイルに挑戦したことありますか?ピタッとしたシルエットになかなか手を出せないという人もいるのではないでしょうか。そこで、今回はウェットな質感とピタッとしたシルエットで作り上げる魅力的な髪型をご紹介します。モードを気取りたいあなたは特に!よ〜く見ていってください☆

カッコ可愛いを気取りたい。

耳かけで魅せるタイトさ。〜花本 昇誉 / PLACE IN THE SUN
花本 昇誉 / PLACE IN THE SUN

質感とシルエットでピシッと決めれば、

普段の雰囲気とはガラッと違った印象になれる。

耳かけをするとよりタイトさ引き出されてGOOD♪

 


ウェットな質感にデコだしはヘルシー!〜山田 裕介 / ORIGIN’S
山田 裕介 / ORIGIN’S

ピタッとしたシルエットに合わせて前髪も分けて。

ちょっとボリュームに欠けると思ったら、

ピアスなどの小物でバランスをとってみよう!

 


可愛くモードに気取るならセンターパートがオススメ。〜永井 美菜子 / bibito
永井 美菜子 / bibito

リップラインのボブをセンターパートでわけてタイトに。

ウェットな質感だからこそ、モードに気取れるんです♪

 


ヘア小物もシンプルに抑えるのが基本。〜佐野 真緒
佐野 真緒

ヘアピンでシンプルなヘアスタイルを華やかにしてみるのもアリ。

ただ、モードな雰囲気を出したいのなら

ゴールドピン2本程度に抑えておくのがいいかも。

 


いかがでしたか・・・?

簡単に挑戦できるヘアスタイルなので、とってもオススメ☆

質感とシルエットに注意してやってみてください!



関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP